CX-Compolet

概要

PCとEthernetで接続されているPLCのデータを、VisualBasicまたはC#のアプリを作成して読み書きします

通信ミドルウェアの準備

セットアップ
CX-Compoletを使用するには、通信ミドルウェアのSYSMAC GatewayまたはFinsGatewayが必要になります
通信ミドルウェアはCX-Compoletに同梱されているのでインストールするときに一緒にインストールされます

SYSMAC Gateway
CIPプロトコル(Ethenet/IP)で接続するときはSYSMAC Gatewayが必要になります
CIPプロトコルでは変数を指定して値の読み書きをすることになります
PCとの接続はEIPユニットまたはCPU内蔵のEIPポートと接続します
SYSMAC Gateway Consoleを起動してネットワークポートをオープンしておきます
SYSMACGatewayConsole

FinsGateway
Finsプロトコルで接続するときはFinsGatewayが必要になります
Finsプロトコルでは物理アドレス(DM0000など)を指定して値の読み書きをすることになります
PCとの接続はETNユニット、EIPユニットまたはCPU内蔵のEIPポートと接続します

FinsGatewayの設定を起動してETN_UNITを開始します
FinsGatewayの設定
次に、ローカルネットワーク0(Ethernet)のプロパティを開いて、通信ユニットタブでPLCが接続されているネットワークカードを選択します
FinsGatewayの設定

VisualStudioの準備

アイテムの選択
メニューバーの[ツール]-[ツールボックス アイテムの選択]を開きます
アイテムの選択
コンポーネントは接続するPLCの種類によって変わります
NJシリーズのPLCであればNJCompolet、CJ2シリーズのPLCであればCJ2Compoletを使用して、CIPプロトコルでの接続になります
この場合は通信ミドルウェアはSYSMAC Gatewayを使用します
Finsプロトコルで接続する場合は、CJシリーズのPLCであればSysmacCJコンポーネントを選択して、FinsGatewayを使用します

アイテムの詳細
各コンポーネントの詳細はCompoletのヘルプに書かれています
PLCと接続するコンポーネントのほかに、通信ミドルウェアやCIPプロトコルに対応した機器と接続するコンポーネントもあります
たとえば、EIPでPCとPLCをタグデータリンクしておいて、SYSMAC Gatewayのメモリを読み出すようなことも可能です

サンプル アプリケーション

CX-Compoletのサンプルはスタートメニューからたどれますが、ここではできるだけ簡単なサンプルを書いています

CIP通信
PLCと接続して変数の値を読み書きするサンプルと
PCの時刻をPLCに書込むサンプルです
Fins通信
PLCと接続してDMの値を読み書きするサンプルです

イベント通知
PLCの変数に変化があったときにアプリケーションにイベントが通知されるサンプルです