命名規則

変数名の悩み

変数名、POU、ファンクション、ファンクションブロックの名前は非常に悩ましい課題です
名前を決めるまでに数分悩むこともたびたびあり、悩んだ挙句にプログラムを作っているうちに同じような名前を付けなきゃならなくなって変更を迫られたりと、悩ましいことこの上ないです

変数名の付け方

パソコンのプログラムを作っている人たちがどのような付け方をしているかを見てみるとハンガリアン記法というのが目に付きます
ハンガリアン記法にはシステムハンガリアン記法とアプリケーションハンガリアン記法の2種類があり現在はアプリケーションハンガリアン記法が推奨されているように思います
どんな名前を付けてもいいのですが、先人の人々のサンプルをいっぱい見てそれっぽい変数名を真似したほうがよさそうです

システムハンガリアン記法
先頭にデータ型などを付けて変数名とします
例えば、intValue, strName, dPiなど

アプリケーションハンガリアン記法
バグをバグっぽく見せる方法なので、変数名に分かりやすい意味を付けるのを心がけます
また、動詞から始まる変数名にする人もいます
例えば、Row, Col, MathPi, writeFlg, startCom

プログラミングでよく使う英単語のまとめ

変数名の書き方

キャメルケース
ラクダのコブのようにCamelCase, RowCount, ColIndexのように名称の先頭の一文字を大文字で複数の文字を繋ぎ合わせる書き方をします
変数名にはこの書き方をする人が多いようです

スネークケース
蛇のようにSNAKE_CASE, MAX_ROW, LIMIT_HIGH_VALUEのように名称を大文字で書いてアンダーバー(_)で複数の文字を繋ぎ合わせる書き方をします
定数にはこの書き方をする人が多いようです

変数名の例

cnt FOR文のカウンタとか
Index 配列の要素番号を指定するときなど
Offset 配列のデータのオフセット位置からの要素番号を指定するとか
Request 何かの要求を受けたときのフラグ
run 実行中とか実行指示とか
FileName ファイル名