警報予兆

概略

数値データを50回分をバッファリングして、警報値を超えるであろうデータ数を予測します
例えば、測定した計測値や、タクトタイム、シリンダなどの動作時間を元に警報予測ができることを期待します
警報値を超える値はバッファに残さず無視します

下のグラフは実行結果のオフセットと傾きをグラフ表示したものです
Graph
FBは直線が上下限値を超える位置を出力します

シンボル

PredictCount
収集したデータを元に警報値を超える回数を計算します
Symbol
入力
Data LREAL 入力データ
LimitL LREAL 下限値
LimitH LREAL 上限値
出力
Out LREAL 警報値超過予測回数
Slope LREAL 傾き
Offset LREAL オフセット
入出力
PredictBuf ARRAY[*] OF LREAL バッファ

使い方

バッファ

バッファはLREAL型の配列で要素数は変更可能です (サンプルでは50個のバッファにしています)
このバッファには直近のデータを残して内部の計算で使用するので外部から変更しないでください

計測のしかた

上限値と下限値はあらかじめ入れておきます
入力データを入れてENをONすると警報値超過予測回数(Out)を出力します
入力データが上下限値を超えている場合はENOはFalseのまま、警報値超過予測回数(Out)はゼロを出力します

ダウンロード

SamplePredictCount.csm2

サンプルにはPredictCountファンクションとLSM1ファンクションが入っています
LSM1ファンクションはPredictCountファンクションの中で使用しているので必ずプロジェクトに入れてください