Xbar-R管理図

概略

品質のバラツキを判定ルールを元に分析します
検査する試料は数個程度の試料を1グループとして採取し、そのグループを複数回採取してXbar-R管理図を作ります
graph
グラフ上部にXbar管理図を描画しています(青色)
グラフの青丸が1グループの平均値で90グループをグラフで表示しています
90グループの平均値をセンターに上方管理限界(UCL)と下方管理限界(LCL)を計算して、それを3分割しています
グラフ下部にはR管理図を描画しています(緑色)
R管理図は1グループ内の最大値と最小値の差(バラツキ)を表示しています

計算

1グループの平均値平均と、最大値ー最小値でバラツキRを計算します
すべてのグループの平均値のさらに平均平均とバラツキRの平均を計算します
Xbar管理図のUCLとLCLを計算します
UCL
LCL
R管理図のUCLとLCLを計算します
UCL
LCL

XbarR管理図係数表

1グループの個数 A2 D3 D4
2 1.880 0.0 3.267
3 1.023 0.0 2.574
4 0.729 0.0 2.282
5 0.577 0.0 2.114

判定ルール

JIS Z 9021:1998ではガイドラインとして以下の判定ルールを定めています
判定ルール
ルール1:1点が領域Aを超えている
判定ルール
ルール2:9点が中心線に対して同じ側にある
判定ルール
ルール3:6点が増加、又は減少している
判定ルール
ルール4:14の点が交互に増減している
判定ルール
ルール5:連続する3点中、2点が領域A又はそれを超えた領域にある
判定ルール
ルール6:連続する5点中、4点が領域B又はそれを超えた領域にいる
判定ルール
ルール7:連続する15点が領域Cに存在する
判定ルール
ルール8:連続する8点が領域Cを超えた領域にある

シンボル

XbarR
XbarR管理図を計算します

Symbol

入出力

InData[] = 入力データ
Num = 入力データ回数
Xdata[] = Xbar
Rdata[] = R

出力

Judge = 判定結果(0-7ビットがルール1-8)
Xbarbar = X平均値
X_UCL = X上方管理限界
X_LCL = X下方管理限界
Rbar = R平均値
R_UCL = R上方管理限界
R_LCL = R下方管理限界

使用例

ラダー

使用例

Run接点をONするとData[]の値を取り込みます(配列の要素数は1グループの資料数にします)
計算した値はXbarDataとRDataに追加されて、判定結果やXbarbarに出力します
同時に実行した回数をカウントアップしてNumに出力します

入出力変数のNumとXbarDataとRDataはFUN内部で使用するので変更しないようにします
データをクリアしたいときはNumとXbarDataとRDataをクリアしてください
また、Xbarbarなどの値はXbarDataとRDataを元に計算しているためデータ数が増えるまで安定しません

ダウンロード

SampleXbarR.csm2