ComEmulator

概略

RS-232CまたはEthernet(UDP)で接続した機器からの受信データの表示と送信データの編集ができます
送信は任意のタイミングで送信でき、受信したデータに対して自動的に返信することも可能です

画面イメージ

image

画面上側
RS-232CまたはEthernet(UDP)の接続設定するエリア
画面左側
送受信メッセージを表示するエリア
画面右側
送信メッセージを作成したり自動返信するメッセージを選択するエリア

使用例

OMRONのPLCとPCをEthernetで接続して、PCからPLCへメモリの値を読み出すメッセージを送信してみる

送信するコマンドはFINSコマンドで、DM0から10CH分を読み出すコマンド(下記)を手動送信のテキストボックスに記述しENTERキーで送信します
(送信先PLCのFINSアドレス0,1,0、送信元(PC)のFINSアドレス0,48,17)

正常に読出せると画面イメージのように受信メッセージを受け取れて、DM0からの値が読み出せます

ダウンロード

動作確認:Win10

ダウンロード